スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページを見たらウイルス感染!?

前回、電子メールからのウイルス感染について触れてましたが、
今回は「ホームページを見ただけで感染するウイルス」に関して触れていきます。

「ホームページを見るだけ」という点でいくと様々な危険が考えられます。

最近よく聞く名前といえば、「Gumblar」(ガンブラー)
大手企業である「JR東日本」「ホンダ」「ローソン」のサイトの一部も
このウイルスにやられ、一時ですがサイトが改ざんされていたようです。

ガンブラーの説明は他サイトでもされているのでこちらでは割愛しますが、
そもそもどういったことが問題でウイルス感染するのでしょうか?


ガンブラーに限らず、WEB上から感染するウイルスはFLASHやAdobe Reader、
IEやその他ブラウザなど、「脆弱性」をついてくるものがあります。

まずはじめに、基礎知識としてですが、
ホームページを見るためにお使いの「ブラウザ」にはいろいろな種類があることをご存知でしょうか?

windowsをお使いで、あまり知識のない方のほとんどは
インターネットエクスプローラーをお使いではないでしょうか?
(最初からwindowsのパソコンに入っています)

他にはOPERA、Google chrome、firefox、safariなどがあります。

これら「ブラウザ」は、ホームページ上でいろいろなことを実行するために、
JavaScriptやActiveXなど、プログラムの稼働が可能となっています。

たとえば、ホームページでボタンにマウスを置くと
色が変わったりすることがあると思いますが、
これはjavascriptを使っていることがあります。

ActiveXですと、、無料のハンゲームでゲームをしたりする際、
このActiveXをダウンロードするようになると思います。

これらプログラム自体が問題なのではないのですが、
悪意のある第三者がこのプログラムをつかうことで、
ホームページにウイルスを埋め込み、閲覧したユーザーのパソコンを
ウイルス感染させてしまいます。


また、ブラウザだけではなく、FLASHやAdobeReaderなどの脆弱性を狙った
ウイルスもあり、ホームページを見るだけで知らない間にウイルス感染といった
被害がでてしまうことがあります。


感染したウイルスにもよりますが、
ガンブラーで現在言われている被害としては、
感染したユーザーのパソコンで使われるFTP情報(サーバーへの接続情報)を盗むことで、
そのユーザーのホームページにウイルスを仕込むことが可能になり、、
二次・三次と被害は拡大するばかりです。

ウイルスに感染しているということで、他にも何をされてもおかしくないため、
やはりここでも自主的な対策が必須となります。


対策例としては、
 ・ブラウザを常に最新にしておく
 ・windowsであれば、アップデートとかけて最新にしておく
 ・AdobeReaderのjavascriptを使わないように設定変更しておく
 ・その他、FLASH・Reader・javaなども最新にしておく
などがあります。

もちろん、ウイルスソフトのインストールも必須です。

ただ、ウイルスソフトも100%ではありませんので、
「インストールしただけで安心だぁ!」なんてことはありません。

気を配りすぎて困る問題ではありませんので、
皆さんご注意を!!!!




スポンサーサイト

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

メニュー一覧
最新の内容
お薦めサイト
QRコード
QR


あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。