スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社内ネットワークに入っていたらウイルス感染!?

前回の「ホームページを見たらウイルス感染!?」に続き、第三弾。
今回は「社内ネットワークに入っていたら」という点について触れていきます。

自宅で個人用PC1台のみを使っていて、
そのPCが感染したとなればまぁ、、自己責任として解決ができるかもしれません。
(メールやFTPに繋いだPCだった場合、仕事用として使っていた場合は、第三者へ被害が及ぶこともありますし、
 感染したことに気づいていなければ、大変なことになってしまいますが・・)

しかし、、社内LANで複数台のパソコンとつながっていた場合、
「自分が原因で他の人たちにウイルス感染」
「他の人が原因で、自分にもウイルス感染」
というようなことが考えられます。

基本的に大元に感染してしまったパソコンの感染経路は、
以前のホームページ閲覧や、メール、その他CDやUSBメモリなどがあり、
それらに対しての安全性を確かめるしかなく、個々の対策が肝心となります。


ただ、以下のような場合はもう防ぎようがなくなってきますね。。

 例)
 Aさんのパソコンはウイルスに対しての対策を思いつく限り施し、
 不明なファイルなどは不用意にあけないようにしていました。
 
 Bさんのパソコンは、会社から言われていたウイルスソフトは入れましたが、
 それだけで十分だと思っていました。
 
 ある日、Bさんは自宅で作業したファイルをUSBメモリで持ってきて、
 会社のPCで開きました。すると・・・・
 
 Bさんの自宅パソコンがウイルス感染していたようで、
 なんと、Bさんの会社パソコンがウイルスに感染しました!!!
 
 さらに、そこから社内LANを通じて、Aさんをはじめとする、
 社内全員のパソコンへウイルスが拡大!!!
 
 気づいた時には、顧客メールなどで社外へウイルスが漏れないように、
 Aさんが社内のネット回線のケーブルを引っこ抜いていました・・・。
 

あくまでも、上の内容は例として挙げたのみですが、
似たようなケースで感染拡大することがあるかもしれません。

社内LANで接続する際、インターネットと社内の間に、
ウイルス検知するための機器を配置することもできますが、
上記のように、社内の「人間」が持ち込む場合もありますので、、

やはり、個々の対策・意識が必要となってきます。
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

メニュー一覧
最新の内容
お薦めサイト
QRコード
QR


あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。